こんにちは!

私が三葉虫クラブのおじさんです。

(モロッコにて。右側)

  

 

 

 

 

 

 

    

 TOP > ひとりごと > CH-10 スクライパーによるプレパレーション

 

 

       

  CH-10. スクライバーによるプレパレーション

 

Erfoudの町でエアスクライバーを使って掘り出している。ルーペは使っているが防塵マスクは使っていない。かなり石塵がでるので珪肺病は大丈夫なのだろうか、もっとも砂嵐の砂塵はもっと猛烈なのでこんなのはたいしたことないのか

 

各社、各種のAir scriber.。エアスクライバーは鉱山や道路工事で大音響を立てて石を砕いている削岩機のペンシル型です。私自身は他のプレパレーションをやる人と技術的交流は全くないので彼らがどんなやり方をしているかは知りませんが、経験からするとこの道具が一番多用されるのではないかと思っています。
空気圧で先端の針あるいは鏨を振動させて石を砕いていきます。動作は簡単ですが対象の石の状況が多様ですので使い方には熟練が必要かもしれません。
上の写真に細かい作業から、墓石などの大きな石削りに使う物など各種示しています。大きな物は空気量も多くなるので排気量の大きい圧縮機が必要になります。
右端の物以外は外国製で、特にアメリカのPaleotoolsからは色々なものが売られている。
  http://www.paleotools.com/
日本ではテラハウスが主としてドイツ製を扱っているので、すぐ手に入れることができます。
使用に当たっては埃がかなりでますので防塵マスク、防塵メガネの着用が必要です。また強い振動が手に伝わりますので、永年使っていると指が白蝋病になると言われています。私は以前白蝋病対策をしていましたが面倒なので今はなにもやっていませんが、将来をちょっと心配はしています。

 

畏れ入りました。
上の写真トゲトゲDrotops すごいでしょう。実はこれ趣味でプレパレーションをやったコレクターの作品なのです。
その人は戸梶さん、戸梶歯科医院の院長さんです。
http://www.tokaji-sika.com/
昨年Airscriberを入手したいとお問い合わせを受けましたのでTerra Houseを紹介したところ一本購入されたと言われました。その後しばらく、それを使われているとご連絡を頂いておりましたが最後にこの結果を見せられ、正直絶句しました。
普通このような複雑な物をやるときはサンドブラスターを使います。しかしこの写真で見る限りサンドブラスターを使った様子はなく、Airscriber だけのようです。歯科の先生ですから精密な加工の技術修練はされていると思いますし、設備もそのまま使うことが出来るとは思いますがほとんどはじめてのプレパレーションをこのようにやられたのには驚きです。生きている人間を扱うよりは楽かもしれませんね。
私は先生に言いました。『このようなプロを脅かすような仕事はやめて欲しい。』
いずれ先生のHomepageでももっと詳しい掲載をされるとのことです。

どうでしょうか、あなたもチャレンジしてみませんか。