こんにちは!

私が三葉虫クラブのおじさんです。

(モロッコにて。右側)

  

 

 

 

 

 

 

 

 TOP > 産地 > CH-20 サハラ砂漠に大雨が降る

 

    

       

  MO-20. サハラ砂漠に大雨が降る

 

10月になると、モロッコの南は雨季になる。干天に慈雨だなんて喜んでいられない。ものすごく降る。フロントガラスの先が全く見えなくなるほどだ。樹木が無く保水性の無い砂漠では、水は一挙に濁流となる。雨を想定していないので橋は無い。道路は水に沈んでしまう。走っていると突然深いに水中に飛び込む。川のような急流が襲い掛かり、たちまち流されてしまう。そんな光景を見るのは珍しくない。砂漠では水死が一番多いと聞いた。
今、永いラマダンが開けて、やっと仕事をしようという時、しかし、交通途絶、堀場は水に浸かり、すっかり土砂に埋まってしまっているという。作業ができるのはもうしばらくだそうだ。

 

 

 

 

 

濁流が勢いよくる流れる。酸化鉄を含んだ土壌は赤い。それを含んだ赤い水が押し寄せる。

 

 

雨にぬれたAlnifの町。中央に見える山は有名なKissan、結構高い。途中まで登ったけれどしんどかった。中腹にかすかに見える白い逆三角形は水流。滝のように流れている。下には三角州のような形がはっきり見える。
日干し煉瓦の家が多い。強い雨が続いた去年はErfoudでほとんどの家が崩壊したという。

2008/ 10 現在